スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラウド化することで失ったもの


クラウドという言葉が使われるようになって久しいですが、IT技術の進歩は恐ろしいもので、メール、タスク、スケジュール、ファイル、メモやノート、画像や動画、コミュニケーションまで、多くのものがどこにいても手に入るような時代になりました。

とても便利で、個人的にはもはや手放せない状況。PCかiPhoneさえあれば、どこにいても困りません。少し前までは、PCのデータを同期するのにUSBでデータを移したりしていましたからね(笑)
SNS、同期の手間省略、すきま時間の活用、仕事などをやるのに場所を選ばない、ライフログなど様々なものをもたらしてくれています。



しかし、最近思うのです。それと引き換えに失ったものがあるのではないかと...

時間があればあるだけ、ブログやニュースを読み、Twitterでつぶやき、すきま時間でできることはないかとタスクリストを確認する。
ある種の情報中毒のような症状が私の身に起こっています。心揺さぶられる何かに出会ったときでさえ、当たり前のように記録に残そうと頭が働いてしまします。

確かに触れる情報量は多くなり、知っていることが増えたような気がします。ただその分、駅や街並みの変化を感じ、車窓から外を眺める余裕をなくしてしまっている自分にうすうす感づいているのです。

余裕、気づき、発見、体験、想像力、こういった本来人間がもっているべきものに対する感覚が完全に鈍ってきています。これは、マズい...その瞬間にしか感じられないリアルな感覚、体験を放棄しているのではなかろうかと...

利便性、効率性、情報処理能力と引き換えに、人間らしさを少なからず失くしてしまっているような、そんな気がしてなりません。
別に、ITツールやサービスが悪いと言っているわけではありません。技術の進歩は素晴らしい。問題は使い方で、それを誤ると時間を味気ないものにしてしまう危険性があるということです。

技術の進歩が新しい世界を広げてくれることは確かですが、テクニックに溺れてはいけない。それは所詮、手段であることを忘れてはならない。そう、いまの自分に言い聞かせたい。

技術とは、そもそも社会を豊かにするために開発されてきたもの。ですから、そのものに魂を売るのではなく、あくまで生活を豊かにするための手段だと改めて認識する必要がある、こう考えているわけなのです。言ってみれば当然なのですが、ついついね...(^^ゞ



感覚を研ぎ澄まし、発見や体験の機会を増やし、想像力を広げる。そういうことに活かしていきたいですね。人生を豊かにするため、人間らしさとIT技術利用の相乗効果を発揮したいところです。



それではまた。

TAG :
クラウド
ツール

モチベーションという言葉につい反応してしまう人、必見!


サラリーマンでも、経営者でも、フリーランサーでも、成果を出したくないという人はいないですよね?
成果をだすために欠かせないもののひとつに「モチベーション」が上げられると思いますが、これは多くの人の中で共通している考えではないでしょうか。

「科学で解明されたこととビジネスで行われていることには、食い違いがある」
多くのビジネスの現場で行われていることが、間違ってますよ!という科学の証明です
ものすごく興味深いです。
「モチベーション」という言葉に、つい反応してしまう人必見!
動画は少し長いですが、是非どうぞ。

ダニエル・ピンク 「やる気に関する驚きの科学」



報酬は、 視野を狭め心を集中させる

狭い視野で目の前にあるゴールを見ていればいい(単純な方法で明確な答えがある)ような問題の場合には、外的動機づけ(アメとムチ)がうまく機能する。しかし、広い視野でとらえる必要があり、答えが明確でない問題の場合には、外的動機づけは機能しない。


私たちの多くが抱えるような、答えが明確でない問題の場合に大切なのは、内的動機づけ。
それは3つの要素、「自主性」「成長」「目的」。

■科学が解明したこととビジネスで行われていることには食い違いがある

20世紀的な報酬、ビジネスで皆が当然だと思っている動機づけは、機能はするが驚くほど狭い範囲の状況にしか合わない。

If Then方式の報酬は、ときにクリエイティビティを損なってしまう。

高いパフォーマンスの秘訣は、報酬と罰ではなく、見えない内的な意欲にある。自分自身のためになる、それが重要なことだからやる。


この動画を見て一番「へぇw」と思ったのは、経済社会の発展状況、生活環境など様々な要因により、欲求は人それぞれ異なるが、アメとムチの効果はそれとはほとんど関係ないということ。

たとえば、、、
日本で平均的な生活をしているから見れば、トップ賞が飲み物3ヶ月というのはそれほど魅力的ではないですが(買えばいい)、貧窮している人からみれば、それはものすごく魅力的に映り、必死になってやるんじゃないでしょうか。このやる気の違いはあると思います。
面白いのは、適当にやろうが必死になってやろうが、外的動機づけにより視野が狭まっていると「答えが明確でない問題」は解けないというところです。アメとムチにはそういう効果があると証明してみせています。


この関連の話はさらに広げていくと面白そうなので、次回に続けたいと思います。

ではまた。


岡田JAPANの躍進。なぜ、こんなに短期間で一致団結し、結果を残せたのか?


南アフリカ開催WCでの日本の躍進。なぜ、こんなに短期間で一致団結し、結果を残せたのか?



決戦のときから2日ほどたった今でも、いまだに思いを馳せてしまう。それほどに岡田JAPANの躍進には目を見張るものがありました。結果だけではなく、皆を釘付けにする何かがあったような…

まずは、ここまで夢中にさせてくれた選手をはじめスタッフ一同に感謝の意を述べたいと思います。私は、小学生から大学まで長いことプレーしてきましたので、いつも夢中になって観戦しているわけですが、正直、大会前の国際試合4連敗を受けてかなり期待薄な状態でありました。その期待を大いに裏切り結果を残した。この実績は歴史に名を刻むでしょう。僭越ながらそう思います。

私の周りを見ても、「今回はねぇ…」という反応が大勢を占めていました。日本中のほとんどがこういった冷めた目線で見ていたことは否めないと思います。そういう結果を出せていない中、本番でいきなり成果を上げたことは、サポーターとしてだけではなく、一人間として非常に興味深いものがあります

私が一番気になっていることは、大会前の悪状態にもかかわらず、本番での躍進の背景に合ったものは何なのか?ということ。
報道をはじめ選手たちを見ても分かるように、
チームワークが大きなひとつの要因であるというのは疑う余地がありません。何より選手たちの言葉が、そのチーム状態の良さをもっとも物語っています。
あのチームワークこそ日本の真骨頂。鬼気迫る闘志。心を動かされずにはいられませんでした。

決勝トーナメント敗戦後、大久保選手は「大会前はここまでまとまっていなかった」と。
キャプテン長谷部選手のインタビューへの大人な受け答え。今後のJリーグの発展にまで配慮できる精神。命をかけて闘ってきたその敗戦の直後に、そう大きな視点を持てるものではありません。
PK後の駒野選手をスクラムの中央に迎えるJAPAN。本田選手の言葉も大会前とは違ったように思います。サポーターやスタッフへの配慮が伺えました。「このチームでもう少しやりたかった」、遠藤選手のこの言葉がすべてをあらわしているのではないでしょうか。



たった2週間ほどで、180度とは言わないまでも大きく姿を変えた岡田JAPAN。ブラウン管のこちら側まで思いが伝わり、日本中を夢中にさせてくれました。サッカーにほとんど興味がなかった人たちまでも涙を流したと聞きます。

しかしながら、短期間でそんな素晴らしいチームを形成できたのは、一体全体どうしてなのか?ここまでの変わり様の背景にあったものとは? 興味深すぎます。

濃いコミュニケーションがあったことは確か
だと思いますし、初戦のカメルーンに勝利できたことはもの凄く大きな理由でしょう。あそこで何とか勝利したことで、次への修正ができたことは間違いない。人の心理の問題です。
ただ、それだけではないような気がします。バラバラだったチームがどうやってあそこまで辿りつけたのか。その軌跡が知りたい。強くそう思います。

その背景にあるものは、サッカー界だけにとどまらず、組織、企業、家庭、日本や世界のあらゆるところで関係してくることのような気がします。これは直感ですが、世界中のメディアの反響を考えれば、より一層そう感じます。取り戻さなくてはならない何か。もっとも日本らしい何か。

詳しい要因はわかりません。近々、そういった視点で雑誌やTV番組などが真実に迫っていくことを期待したいと思います。


ではまた。



「余命24時間と宣告されたら?」の裏に隠されたもうひとつの意味

もし、余命24時間と宣告されたら、あなたは何をしますか?



このような投げかけや、これを題材にした映画などに接触したことのある人は
意 外と多いのではないでしょうか。
このように投げかけられ、自分だったらどうするだろうか?と、このシチュエーションを思い浮かべてみるわけです。

「富士山にも登りたかったし、政治とかもやってみたかったなぁ。それから、世界中を旅して異国の人と色々話してみたかったし、世界の美食を味わっておくんだった。家族とももっと話しておくんだったな...」

と、あれもこれもと思い浮かんできますが、現実を見れば24時間しか残されていません。おそらく、その中でできることを見事に見極め実行に移していくのでしょう。「恩師や親友に挨拶し、家族と一緒に過ごそう。最後は肉と酒だ。」など。まぁベタベタな例ですが、百者百様ですね。

そこで私たちは本当に大切なものについて改めて考えさせられたり、何かしらの気づきを与えられるわけなのですが、「そうだよねぇ」と瞬間的に強く感じつつも、「じゃぁ何か行動に移そう!」とはなかなかなりません。何故なんでしょ?

余命24時間宣告が焦点を当てているのは「最後の24時間に何をするか」です。これが、なかなか自分の身に置き換えにくい原因のような気がしてなりません。現実離れしすぎているというか...
では、余命24時間宣告をうけて自分が最後に選択することはウソなのでしょうか? ...流石に、それはなさそうです。

私たちの多くは、おおむね寿命くらいまでは生きようと思っているわけです。これから数十年生きようとする人と1日だけしか生きられない人では、残されたの時間の長さが違います。つまり、前提が違うのですから次の24時間で何をするかという選択は異なってしかるべきだということになります。余命48時間だとすれば、選択する行動は24時間のケースと比べて変わるでしょう。余命1週間なら...余命1か月なら...
要するに、やりたいことを思い浮かべて、残された時間内にできることを選択しているわけです。

しかしながら、残り時間が無限にあるように感じられてしまう状況では、なかなかこういった感覚は浮かび上がってきません。結局、何をしたら良いのかもわからなくなりやすい。(この背景に、成熟した豊かな社会環境があることは確かなのですが、そこで生きていることはしかたがありません)



そのような状況下では、「明日の生」など大して意識されていないのです。だからこそ、区切る必要があるのかもしれません。例えば、24時間。例えば、1週間。例えば、1ヶ月。このくらいであれば残り時間を把握しやすいでしょう。もちろん余命24時間の場合と比較して、明日とる行動は異なってきますが、この先数十年生きるつもりであるなら当然であり、それで良いのだと思います。

重要なのは、余命24時間宣告をうけて思い浮かべることは、最終的に自分がそういう人生の結果を望んでいるということに他ならないということ。これは人生(時間)を圧縮した非常に濃い投げかけであって、24時間で実際に何をするかということよりも、自分自身で見ることができなかった本当の欲求を浮かび上がらせてくれるということの方に、焦点をあてるべきなのでは?というような気がします。

この投げかけは、本当に日々そう意識して過ごしているのか?何か行動に表しているのか?と自分を問いただし、何をやって何をやらないのかを選択するものさしにもなってくれるのかもしれません。余命数十年というボヤっとしたものを24時間に圧縮することで、自分の感覚を研ぎ澄まし、眠っている思いを露わにしてくれる。少なからず、その手伝いはしてくれるのではないでしょうか。

時間というものは、とかく意識しずらいものです。私も忘れがちです。ですから、1日の内1分でも、1週間の内1時間でも、1ヶ月の内1日でも良い。「余命24時間と宣告されたら?」の投げかけで露わになる自分の思いに、残された時間のいくらかを配分してみては如何でしょうか
それこそが、1日1日を後悔のないように生きることの真髄なのではないか。こんなことを考えてみたここ二日間でした。



ではまた。

日本では40分の1の存在、アメリカでは4人に1人


日本では、どのくらいのフリーランサーが活躍しているのでしょうか?





具体的なデータは見当たりませんでしたが、以下のような記事を見つけました。

日本国内におけるフリーランス人口の調査は、1990年代後半以降、明確に行われておらず、現状を把握することは難しい。当時の調査では「自由業者の数が 200万人から230万人・事業所の登録数600万ヶ所以上」との数字があるが、これは日本国内の就業人口の40分の1程度である。


↑ は、日本フリーランス協会(JAFA)のサイトに掲載されているものです。まだ日本では、フリーランスの定義も明確ではないと思いますし、調査時点も新しくはありませんが...
ちなみに、日本フリーランス協会は2009年設立、事務局は東京・大阪にあるようです。
 ↓詳しくは↓

 http://freelance-association.org/

特定非営利活動法人 日本フリーランス協会は「フリーランスを活用できる社会」を実現するための、非営利目的の活動団体です。

「フリーランサー」とは、独立できるほどの才能・技能・特殊技術を持った、貴重な即戦力の人財です。そのフリーランサーの持つ能力を、社会がもっと 活用することができれば、非正規雇用の歪み・少子化・セカンドライフ・労働力の国際化など、様々な問題の解決へと波紋が拡がります。

……その先にある『フリーランサーを 活用できる社会』の実現を目指して、わたしたちは「フ リーランス雇用への社会制度・システム・立法提案」をしています。


何でもかんでも欧米欧米というと、もういいよと言われそうですが、一応データとしてはアメリカ全労働人口の4人に1人がフリーランスらしいです。日本とは随分開きがありますね。

日本でも、大きな流れとしてはコチラに流れているような気がします。というよりは、近年、欧米の真似をしてきたわけですから行きつく先も一緒。と考えれば、さほど不思議ではないかもしれません。
それから、あまり意味はないかもしれませんが、Twitter で”フリーランス”というキーワード検索をかけてみたところ、5~10分おき程度にツイートされているようです。

個人的には、選択肢を広げてくれるような活動が活発化し、さらなる風潮があらわれることは大歓迎ですね。




TAG :
フリーランス
イベント
プロフィール

dackback

Author:dackback
ニート→零細企業(中小零細向け管理部門支援)勤務のキャリア弱者、ノマド系フリーランス目指して邁進中。
ファイナンシャル・プランナー(CFP)/個人投資家/器用貧乏(笑)/

時間やお金は私のエネルギー。そのエネルギーをもとに、どういうスタンスで時を過ごすのか。どんな術(すべ)をもって生き抜いていくのか。それこそストーリー。そして結果が生まれる。
まずは納得してその時間を過ごすことが味気ある人生への第一歩。

■エネルギー■
時間・心と体の健康・お金・人とのつながり

■スタンス■
いま・主体的・感覚・味気・シンプル・バランス・継続・クリエイティブ・スマート・サプライズ・チャレンジ

■術(すべ)■
3フェーズ[集めて→まとめて→送り出す]これに一役買うものには興味津々・コミュニケーション(聴く・読む・記憶する・考える・話す・書く)・知的生産・整理整頓・心理・戦略・Branding・デザイン・Webサービス(主にEvernote・Toodledo・Gmail・SugarSync)・ツール(主にiPhone・PC)・読書・英語・フリーランス・ノマド・Sax・Piano・お酒・映画・音楽・Scalett Johansson・佐藤可士和・サッカー・池袋・ポーカー・麻雀・三国志・紫

カテゴリ
最新記事
Tweet
購読する
最新コメント
検索フォーム
あなたとの共通点は?

お金 家計簿 ツール ライフハック Evernote iPhone 見える化 時間 読書 英語 Toodledo Google カフェ タスク オフタイム マインドマップ 人生 クラウド メモ 哲学 名刺 生きる ノマド 行動科学 フリーランス 空間 PC ミッション・ステートメント 出会い GTD ミッション 書く 手順 ストレス軽減 ブログ Webサービス 管理 小飼弾 タグ FP エピソード 徒然草 単純化 俯瞰 コミュニティ コンセプト 整理整頓 知的生産 目的 さぬきうどん スケジュール Twitter MAILPIA twtr2src 集約 ネットワーク 世界 フォロワー ムーブメント 前進 踏み出す 第2の脳 勉強 認識 思考 行動 パーソナルブランディング コントロール 睡眠 北参道 プロフィール 早起き リーダー デザイン 心理 責任 気づき GoogleToodledo dackback つぶやき 時間管理 独立 twitter Eye-Fi 写真 映画 Amazon 検索  両利き スカーレット・ヨハンソン エンターテイメント Scarlett Johansson 結果 

行動契約書
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。