スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「余命24時間と宣告されたら?」の裏に隠されたもうひとつの意味

もし、余命24時間と宣告されたら、あなたは何をしますか?



このような投げかけや、これを題材にした映画などに接触したことのある人は
意 外と多いのではないでしょうか。
このように投げかけられ、自分だったらどうするだろうか?と、このシチュエーションを思い浮かべてみるわけです。

「富士山にも登りたかったし、政治とかもやってみたかったなぁ。それから、世界中を旅して異国の人と色々話してみたかったし、世界の美食を味わっておくんだった。家族とももっと話しておくんだったな...」

と、あれもこれもと思い浮かんできますが、現実を見れば24時間しか残されていません。おそらく、その中でできることを見事に見極め実行に移していくのでしょう。「恩師や親友に挨拶し、家族と一緒に過ごそう。最後は肉と酒だ。」など。まぁベタベタな例ですが、百者百様ですね。

そこで私たちは本当に大切なものについて改めて考えさせられたり、何かしらの気づきを与えられるわけなのですが、「そうだよねぇ」と瞬間的に強く感じつつも、「じゃぁ何か行動に移そう!」とはなかなかなりません。何故なんでしょ?

余命24時間宣告が焦点を当てているのは「最後の24時間に何をするか」です。これが、なかなか自分の身に置き換えにくい原因のような気がしてなりません。現実離れしすぎているというか...
では、余命24時間宣告をうけて自分が最後に選択することはウソなのでしょうか? ...流石に、それはなさそうです。

私たちの多くは、おおむね寿命くらいまでは生きようと思っているわけです。これから数十年生きようとする人と1日だけしか生きられない人では、残されたの時間の長さが違います。つまり、前提が違うのですから次の24時間で何をするかという選択は異なってしかるべきだということになります。余命48時間だとすれば、選択する行動は24時間のケースと比べて変わるでしょう。余命1週間なら...余命1か月なら...
要するに、やりたいことを思い浮かべて、残された時間内にできることを選択しているわけです。

しかしながら、残り時間が無限にあるように感じられてしまう状況では、なかなかこういった感覚は浮かび上がってきません。結局、何をしたら良いのかもわからなくなりやすい。(この背景に、成熟した豊かな社会環境があることは確かなのですが、そこで生きていることはしかたがありません)



そのような状況下では、「明日の生」など大して意識されていないのです。だからこそ、区切る必要があるのかもしれません。例えば、24時間。例えば、1週間。例えば、1ヶ月。このくらいであれば残り時間を把握しやすいでしょう。もちろん余命24時間の場合と比較して、明日とる行動は異なってきますが、この先数十年生きるつもりであるなら当然であり、それで良いのだと思います。

重要なのは、余命24時間宣告をうけて思い浮かべることは、最終的に自分がそういう人生の結果を望んでいるということに他ならないということ。これは人生(時間)を圧縮した非常に濃い投げかけであって、24時間で実際に何をするかということよりも、自分自身で見ることができなかった本当の欲求を浮かび上がらせてくれるということの方に、焦点をあてるべきなのでは?というような気がします。

この投げかけは、本当に日々そう意識して過ごしているのか?何か行動に表しているのか?と自分を問いただし、何をやって何をやらないのかを選択するものさしにもなってくれるのかもしれません。余命数十年というボヤっとしたものを24時間に圧縮することで、自分の感覚を研ぎ澄まし、眠っている思いを露わにしてくれる。少なからず、その手伝いはしてくれるのではないでしょうか。

時間というものは、とかく意識しずらいものです。私も忘れがちです。ですから、1日の内1分でも、1週間の内1時間でも、1ヶ月の内1日でも良い。「余命24時間と宣告されたら?」の投げかけで露わになる自分の思いに、残された時間のいくらかを配分してみては如何でしょうか
それこそが、1日1日を後悔のないように生きることの真髄なのではないか。こんなことを考えてみたここ二日間でした。



ではまた。

スポンサーサイト
イベント
プロフィール

dackback

Author:dackback
ニート→零細企業(中小零細向け管理部門支援)勤務のキャリア弱者、ノマド系フリーランス目指して邁進中。
ファイナンシャル・プランナー(CFP)/個人投資家/器用貧乏(笑)/

時間やお金は私のエネルギー。そのエネルギーをもとに、どういうスタンスで時を過ごすのか。どんな術(すべ)をもって生き抜いていくのか。それこそストーリー。そして結果が生まれる。
まずは納得してその時間を過ごすことが味気ある人生への第一歩。

■エネルギー■
時間・心と体の健康・お金・人とのつながり

■スタンス■
いま・主体的・感覚・味気・シンプル・バランス・継続・クリエイティブ・スマート・サプライズ・チャレンジ

■術(すべ)■
3フェーズ[集めて→まとめて→送り出す]これに一役買うものには興味津々・コミュニケーション(聴く・読む・記憶する・考える・話す・書く)・知的生産・整理整頓・心理・戦略・Branding・デザイン・Webサービス(主にEvernote・Toodledo・Gmail・SugarSync)・ツール(主にiPhone・PC)・読書・英語・フリーランス・ノマド・Sax・Piano・お酒・映画・音楽・Scalett Johansson・佐藤可士和・サッカー・池袋・ポーカー・麻雀・三国志・紫

カテゴリ
最新記事
Tweet
購読する
最新コメント
検索フォーム
あなたとの共通点は?

お金 家計簿 ツール ライフハック Evernote iPhone 見える化 時間 読書 英語 Toodledo Google カフェ タスク オフタイム マインドマップ 人生 クラウド メモ 哲学 名刺 生きる ノマド 行動科学 フリーランス 空間 PC ミッション・ステートメント 出会い GTD ミッション 書く 手順 ストレス軽減 ブログ Webサービス 管理 小飼弾 タグ FP エピソード 徒然草 単純化 俯瞰 コミュニティ コンセプト 整理整頓 知的生産 目的 さぬきうどん スケジュール Twitter MAILPIA twtr2src 集約 ネットワーク 世界 フォロワー ムーブメント 前進 踏み出す 第2の脳 勉強 認識 思考 行動 パーソナルブランディング コントロール 睡眠 北参道 プロフィール 早起き リーダー デザイン 心理 責任 気づき GoogleToodledo dackback つぶやき 時間管理 独立 twitter Eye-Fi 写真 映画 Amazon 検索  両利き スカーレット・ヨハンソン エンターテイメント Scarlett Johansson 結果 

行動契約書
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。