スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを含め色々と引っ越し検討中・・・っ


Picture061.jpg


最近、ブログの更新が滞っておりますが、
ブログを含め色々と引っ越し検討中でござりまする。

Picture058.jpg


心機一転、新たな一歩を踏み出したいと。
しばしお待ちくだされ。

Picture094.jpg


<m(__)m>

 
 

スポンサーサイト

Evernote×VOICE2NOTE で英語の発音を鍛える

Evernote自体が英語の発音が正しいかどうかを判断してくれるわけではないのですが、VOICE2NOTEと連携させることで、それが可能となります。


VOICE2NOTEとは、iPhoneのEvernoteアプリ等で録音した音声を、Evernote内に自動的にテキスト化してくれるサービスです。しかも、音声ファイルと同じノートにテキストを貼り付けてくれます。

これは使えそう!と思い先日試してみたのですが、残念ながら日本語には未対応のご様子。これでは活躍する場面はほとんどないな...
そう思っていたのですが、ふとこんな使い方はどうだろうかと思いつきました。
英語の勉強をしている方限定になってしまうのですが、意外と英語を勉強しつつEvernoteにも興味があるという方が日本では多いような気がするので、ちょいと書き留めておきます。

 

とはいっても、いたってシンプルなので拍子抜けかもしれません。
英語を話す機会が少ない人向けの活用方法ですね。

 

VOICE2NOTEに会員登録する(Free版でOK)

②iPhoneのEvernoteアプリ等に英語をしゃべって録音

③VOICE2NOTEが自動的に音声ファイルをテキスト化

④Evernoteの音声ファイルと同じノート内に自分のしゃべった英語が表示される

(少し時間はかかります。↓こんなかんじ↓)

  100817Evn×VOICE2NOTE

私は、「I like it. because I can do it.」と言ったつもりでしたが、「it」が2箇所とも聞きとってもらえてませんね(汗

以上。


しゃべった英語とテキストが相違していれば、そこは相手からすると聞きとりにくい箇所ということです。音声認識の精度がどの程度かという問題はあるかもしれませんが、何度か試してみた範囲ではそれなりには認識してくれましたよ。

英語を話す機会がある人でも、本当に相手が聞き取れているかどうかを確認できるチャンスは、実は意外と少ないのかもしれません。



それではまた。


TAG :
Evernote

「Evernote勉強会@勉強カフェ」を振りかえる

 

今回は、これからEvernoteを活用していきたいという方たちを主な対象として、開催させていただきました。

参加できなかった方もいらっしゃったようなので、もしかしたら第2回以降もあるかもしれないですね。

以下、当日扱ったスライドを中心に振り返ってみたいと思います。

 

8/6(金)19:30~21:30 @勉強カフェ

Evernote勉強会100806スライド_01

 

Evernote勉強会100806スライド_02

お名前、Evernote利用歴、好きなタイプ(芸能人)

上戸彩好きが2人いらっしゃいましたね。

 

Evernote勉強会100806スライド_03

 

Evernote勉強会100806スライド_04

■「記憶」とは、

読んだ本の内容、勉強したこと、話した内容、
ノートやメモ帳に書いたこと、気付いたこと、
思いついたアイデア、旅行の思い出、教訓、、、

こういったものに、時間、場所問わずにアクセスできたら、素晴らしいと思いませんか?

 

Evernote勉強会100806スライド_05 

 

Evernote勉強会100806スライド_06

巷では、こんなふうに呼ばれています。

これが、使いこむほど手放せなくなってくる。




動画で何となくEvernoteのイメージをつかんでもらいました。

 

Evernote勉強会100806スライド_08

さらに、なんとなくのイメージです。

「ポケットに1000曲を」のフレーズと共にブレイクしたiPod。

これはいくつかあった中のひとつのCMで使われたものなのですが、これを、Evernoteに変換してみました。

 

Evernote勉強会100806スライド_09

イヤホンが耳ではなく、頭に。

記憶をポータブルに。

これも何となくのイメージですね。ちょっと遊び入ってますが...

 

Evernote勉強会100806スライド_10

当たり前のことを言っているのですが、私たちは、常に「忘れてしまう」ことに悩まされています。というよりむしろ、仕方がないことと割り切って生活しているのかもしれません。

記憶の蛇口からは絶え間なく記憶が流れてきます。そのほとんどを忘却という名の排水口から流してしまっている。そこに、Evernoteという名の浴槽を用意してやることで、一定の記憶をとどめられるかもしれません。

 

Evernote勉強会100806スライド_11 

 

Evernote勉強会100806スライド_12

 

Evernote勉強会100806スライド_13

記憶と想起が苦手なのは人間にとっての大きな悩みであり、それを補うためにメモをとったり、写真を撮ったり、忘れないための工夫をしているわけです。

では、Evnを使うと何が変わるのか?

 

Evernote勉強会100806スライド_14

メニューをどうするか、何を買って帰るのか...

ちょっと考えてみてください。

 

Evernote勉強会100806スライド_15

 

Evernote勉強会100806スライド_16 

 

Evernote勉強会100806スライド_17 

冷蔵庫に何が残っているかがわかれば、メニューを考えやすくなるはずです。何が足りないのか、買って帰る必要のあるものが分かるわけですから。

その結果、無駄な買い物が減り、スムーズに調理に着手できることになります。

 

Evernote勉強会100806スライド_18 

 

Evernote勉強会100806スライド_19 

 

Evernote勉強会100806スライド_20

少なくとも探しものが減り、速度があがるでしょう。アイデアや解決策が浮かびやすくなるかもしれません。また、知識や経験を活かしたスピーディな仕事をするのに少なからず寄与してくれるでしょう。

 

Evernote勉強会100806スライド_21 

 

Evernote勉強会100806スライド_22 

 

Evernote勉強会100806スライド_23 

冷蔵庫の例でもお分かりのように、材料は取り出せるところにあってこそ活かされるのです。「ここにある」ことを知っているのとそうでないのとでは、大きな差があります。

また、写真や音楽にしても、思い出すきっかけがあると、そのときの気持ちや感覚、情景まで思い出されることはないでしょうか?

●数年前の旅行の写真を久々に見返したときのように

●懐メロを聴いて、初恋の青春時代を思い出したときように

こういった、感覚を刺激されることも、間接的にだが判断や行動に何らかの影響を与えているような気がしてなりません。

 

Evernote勉強会100806スライド_24 

 

Evernote勉強会100806スライド_25 

■記憶の一元化

Web上の記事、メモ帳、ノート、デジカメ、ビデオカメラ、ICレコーダー、、、

名刺、ワインラベルまで。

今までバラバラだった、あるいは忘れ去られていた記憶を一箇所に集めることができます。「ここにある」と思えるとすごく安心ですし、取り出そうとするようになります。

 

Evernote勉強会100806スライド_26 

■クラウド

いつでもどこからでもアクセスできます。記憶はWeb上に保存され、PCクライアントソフト、iPhoneアプリなどで同期して利用できます。

 

Evernote勉強会100806スライド_27 

■機能は3つだけ

Evernoteは複雑そうに見えてとっつきにくいかもしれませんが、実は、大きく分けると機能は3つしかありません。

①放り込む

②整理する

③取り出す

 

それぞれの工程について、実際にPCクライアントやiPhoneを使いながらいくつかデモを。

①放り込む

PC→テキスト入力、Webクリップ

iPhone→カメラ、ボイス

Eye-Fi

②整理する

放り込んだものを、ノートブックとタグで整理

ノート:ノートブック=1:1

ノート:タグ=1:複数

③取り出す

ノートブック、タグ、属性、保存された検索、キーワード検索

 

Evernote勉強会100806スライド_28 

わからない箇所についての質疑応答、すでにEvernoteを活用している方からの活用事例のお話、その他連携機能など。

それから、はじめて共有ブック機能も使ってみましたよ。

 


この動画は結局流しませんでした。


 

Evernote勉強会100806スライド_30

こんな感じでした。

 

 

第2回については、開催するかどうかを含め、考えていきたいと思います!

それではまた。

TAG :
Evernote
ツール

人気急上昇中!この夏はEvernoteでエバっちゃおう! ...要は、Evernote勉強会です。

8月6日(金)19:30-21:30
Evernote(エバーノート)勉強会 @勉強カフェをこじんまりと開催します。
半ば勢いなのですが...(汗)
※勉強カフェは
こちら





世間ではEvernote関連の書籍がいくつか出版され、勉強会もちょぼちょぼ開催されているようです。
勉強会によってはかなり専門的なものもあるようですが、今回は、そこまでマニアックな内容にするつもりはありません(と言いながら、そこまでマニアックだと私自身がついていけないというのが本音…!?)

ということで、
  • Evernoteに興味がある、どんなことができるのか知りたい
  • アカウントはとったものの、使いこなせていない
  • 他の人の使い方を知って、さらに活用の幅を広げたい
な方、大歓迎です。
新たにEvernoteを使いはじめたい、こんなシーンで使ってみたい、活用幅をさらに広げたい、そんなきっかけになればと考えています。
Evernoteって何なの?というところから、基本的な使い方、
すでに利用されている方々がどんなシーンで活用しているのかまでシェアできればと思っています。

もしかしたら、世の中の他のEvernote勉強会は「興味がある」レベルではハードルが高いかもしれませんが、
Evernote(エバーノート)勉強会 @勉強カフェなら大丈夫。規模的にもこじんまりです。

ご興味がある方は、からどうぞ。お気軽にご質問など (^^

ではではw




ご参加いただける方は、以下のいずれかの方法で、お名前とご連絡先メールアドレスを教えてください。

Twitter(dackback)へのダイレクトメッセージ
・当ブログのコメント欄(非公開で)

TAG :
ツール

書くことは時を越えた最高の学び

ふと気づくと、ブログをはじめて約1年が経過しておりました。曲がりなりにも何とか続けてこられたようです。





何ともお恥ずかしいのですが、はじめて書いた記事はこんな感じでした...(汗



今日の徒然草 【実行しながら、築き上げる】

昨日の時点では、本格的始動まで放っておくつもりでしたが、

とりあえず、書く。
ということで、暫く徒然草してみる。

■ 今日の徒然草

【実行しながら、築き上げる】

人 は何かをしようとするとき、計画を立てずにすぐに行動を起こしたり、完璧な計画を立ててから作業に取り掛かろうとしたり、してしまう。

と ころが、どちらの場合も往々にして、途中で挫折、はじめからやり直す羽目、になったりする。

解決方法としては、作業を進めながら、計画的 にやること(月並みではあるが)。同時進行する。
大幅な修正が入らないところ(調査や定跡のあるもの)から手をつけ、そうしながら計画をたてる。

簡 単なようでなかなかできないが、こうすることで実は案外うまくいったりする。
「計画」も「行動」もどちらも同じくらい重要。

実行 しながら、築き上げる。


かなり不格好な文章ですよね...(笑)...改めて読むととても恥ずかしい...
できれば何も言わないであげてください。

ここから約1年。投稿数は200ほど(数が問題ではないですが)。
まだまだ経験は浅く、これからレベルアップしていかなければと思うのですが、「文章を書く」ということを約1年間続けたことによって、自分の中で得たものは小さくはないと感じています。

もっと早くから書いておけばよかった…(笑)

振り返ってみて、書きはじめる前と今では、どんな変化があったのか、或いは何がレベルアップしたのか。自分で感じた範囲ですが、簡潔にまとめておきたいと思います。




1.思考の体系化と文章構成力が磨かれる

ある程度伝わる文章にするには、ネタを整理・体系化し文章に昇華させなくてはなりません。普段頭の中で繰り広げられている思考が如何に曖昧なものか気づかされます。


2.表現力がアップ

同じ記事の内容でも、どの言葉を選ぶのか、どの程度行間をあけるのか、フォントの大きさ、フォントカラー、段落のつけかた、画像をどの位置に挿入するのか、、考え出せばきりがありませんが、こういうことによって見え方が随分と変わってきます。


3.話が伝わるようになる

結局、話をしているときにも思考が先に立っているわけなので、書く訓練をすると話す力もアップするということですね。書くことに比べると会話の方が瞬間的なので、スピードも要求されますが。


4.自分のことが見えてくる

人によってはこれが一番大きいかもしれません。どんな記事を書こうとするかによって、自分が何に興味をもっているのかということが少しずつ見えてきます。統計みたいなものかもしれませんね。投稿するたびにサンプルがひとつずつ増えていく感じ。


5.フィードバックがある

とても大切なことです。自分の考えなどに対して反応をいただける。活かすも殺すも自分次第ですが、そもそもフィードバックがなければ、如何ともしようがありません。


6.人のブログを見る目が変わる

ブログをはじめる前と今とでは、人のブログを拝見するときの目線が全然違います。ビジネスマンがイチロー選手を見るのと、同じ業界の人が見るのとでは相当に視点が違うはずです。何か学びにしようと、より多くのアンテナが頭に立つようになります。


とりあえず、こんなところでしょうか。
お世辞にも私の文章は上手だとは言えませんが、1年前に比べれはこれでもいくらか進歩したと思っています。やはり、やってみて数をこなすこと、これは何にでも共通する定跡なのですね。

まだまだこれからです。書き続けます!おいしいものを食べて、旨い酒を飲みながら!.........(?)
いつの時代も変わらない、書くことは時を越えた最高の学び。


ではまた。




イベント
プロフィール

dackback

Author:dackback
ニート→零細企業(中小零細向け管理部門支援)勤務のキャリア弱者、ノマド系フリーランス目指して邁進中。
ファイナンシャル・プランナー(CFP)/個人投資家/器用貧乏(笑)/

時間やお金は私のエネルギー。そのエネルギーをもとに、どういうスタンスで時を過ごすのか。どんな術(すべ)をもって生き抜いていくのか。それこそストーリー。そして結果が生まれる。
まずは納得してその時間を過ごすことが味気ある人生への第一歩。

■エネルギー■
時間・心と体の健康・お金・人とのつながり

■スタンス■
いま・主体的・感覚・味気・シンプル・バランス・継続・クリエイティブ・スマート・サプライズ・チャレンジ

■術(すべ)■
3フェーズ[集めて→まとめて→送り出す]これに一役買うものには興味津々・コミュニケーション(聴く・読む・記憶する・考える・話す・書く)・知的生産・整理整頓・心理・戦略・Branding・デザイン・Webサービス(主にEvernote・Toodledo・Gmail・SugarSync)・ツール(主にiPhone・PC)・読書・英語・フリーランス・ノマド・Sax・Piano・お酒・映画・音楽・Scalett Johansson・佐藤可士和・サッカー・池袋・ポーカー・麻雀・三国志・紫

カテゴリ
最新記事
Tweet
購読する
最新コメント
検索フォーム
あなたとの共通点は?

お金 家計簿 ツール ライフハック Evernote iPhone 見える化 時間 読書 英語 Toodledo Google カフェ タスク オフタイム マインドマップ 人生 クラウド メモ 哲学 名刺 生きる ノマド 行動科学 フリーランス 空間 PC ミッション・ステートメント 出会い GTD ミッション 書く 手順 ストレス軽減 ブログ Webサービス 管理 小飼弾 タグ FP エピソード 徒然草 単純化 俯瞰 コミュニティ コンセプト 整理整頓 知的生産 目的 さぬきうどん スケジュール Twitter MAILPIA twtr2src 集約 ネットワーク 世界 フォロワー ムーブメント 前進 踏み出す 第2の脳 勉強 認識 思考 行動 パーソナルブランディング コントロール 睡眠 北参道 プロフィール 早起き リーダー デザイン 心理 責任 気づき GoogleToodledo dackback つぶやき 時間管理 独立 twitter Eye-Fi 写真 映画 Amazon 検索  両利き スカーレット・ヨハンソン エンターテイメント Scarlett Johansson 結果 

行動契約書
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。